ニキビの原因について。便秘・皮脂過剰・ホルモンバランスなど。

ニキビの原因

 ニキビについて

基礎知識

ニキビの原因・予防法

背中ニキビの原因・予防法

ニキビと化粧

皮膚科の治療について

私が皮膚科で教えてもらったことや、一般的に言われるニキビの原因についてです。ニキビは様な要因が合わさってできます。

一般的に、10代のニキビは、過剰な皮脂の分泌で毛穴がつまり、アクネかん菌が繁殖することが原因のことが多く、大人にきび(アダルトニキビ)は、ストレスや乾燥が原因のことが多いといわれます。 私も20代になってか

 1 毛穴の汚れ・皮脂の分泌

ニキビの原因は毛穴にたまってしまう皮膚の角質や汚れです。皮脂と角質が混じり合うとコメドと呼ばれるかたまりができます。これがニキビの初期段階です。

そのコメドを栄養にして、アクネかん菌が繁殖します。皮膚のアクネかん菌が増えると、皮脂を分解して不飽和脂肪酸を放出します。これが皮膚に炎症を起こさせ、ニキビとなるのです。

さらに、カビ(かび)(マセラチア菌など)や顔ダニなどもニキビを作ります。


 2 肌の水分不足

洗い過ぎると肌が乾燥して逆効果です。肌には回復力があって、肌を乾燥から守ろうと、逆に皮脂を出そうとするからです。

また、夏場のエアコンのせいで、室内の気温が低いと皮脂量が増えず、湿度も下がって肌の乾燥がすすむこともあります。


 3 便秘

便秘になると消化された食物が腸内に長く滞留し、分解物が異常発酵し有毒物質を発生します。有毒物質が腸内から吸収されると、ニキビが悪化してしまいます。

便秘の原因には、不規則な食生活、朝食を食べない、加工食品の食べすぎなど色々あります。

 4 ホルモンバランス

女性ホルモンは、体脂肪が20%ないと正常に機能しません。過度のダイエットは禁物です。

皮脂の分泌は、男性ホルモンと女性ホルモン(黄体ホルモンと卵胞ホルモン)の働きによって、コントロールされています。このホルモンのバランスが崩れると、皮脂の分泌が盛んになり、ニキビのできやすい状態になります。
生理前の約2週間、つまり排卵があってから次の生理が始まるまでを『黄体期』と呼びます。黄体ホルモンには男性ホルモンと同じように、皮脂の分泌を高める働きがあるため、『黄体期』にはニキビができやすくなったり、悪化しやすくなります

また、生理前は、不眠症になりがちだったり、ストレスがたまったりと、ニキビに悪いことが多く起きます。この状態を「月経前症候群」と呼びます

男性ホルモンが多い人(毛深い人)は皮脂量も多いし、生理が不順な人は、黄体ホルモンのバランスがくずれて、ニキビができやすい状態になります。

※また、運動不足や睡眠不足もホルモンバランスを乱します。


 5 ストレス・環境の変化

ストレスで自律神経が不安定になると、ホルモンのバランスがくずれて皮脂腺が活発になってニキビができやすくなります。

自律神経は、脳から内臓、皮膚の血管まで全身に張り巡らされていて、交感神経と副交感神経の相互作用によってそれぞれの働きをコントロールしています。

いらいらや不平不満などの悪感情が募り、交感神経ばかりが作用し続けると、筋肉に血液が集まり、皮膚の血行は悪くなります。これが自律神経の乱れている状態です。

 6 脂っこい食事や、甘いもののとりすぎ・偏った食事

バランスの良い食事をとらないと、ニキビの原因となります。 とくにビタミンは大切です。
○ビタミンB2:成長の促進、アミノ酸・脂質・炭水化物の代謝に必要なビタミンです。粘膜の保護をするはたらきがあります。ビタミンB2は、レバー、酵母、牛乳、ほうれん草、さば、うなぎ、焼き海苔、干ししいたけ、ワカメ、卵などに、多く含まれています。

○ビタミンB6:皮膚の健康を保つために必要なビタミンで、皮膚の抵抗力を強め、カブレやニキビを予防します。ビタミンB2 との併用は、いっそう効果的です。ビタミンB6は、レバー、酵母、豆類、穀類、いわし、さば、まぐろ、卵、鶏肉などに、多く含まれています。

○ビタミンC:ニキビあとの色素沈着を防ぐために、併用しても良いでしょう。ビタミンCは、野菜類、果物類に、多く含まれています。

例えば、飲酒はビタミンB2の体内への吸収を阻害するといわれています。また、過度になると肝臓の機能を低下させるため各種ビタミンの貯蔵能力が低下し、結果的に皮膚の代謝機能を阻害してしまいます。糖分の過剰摂取は体内でのビタミンB2、ビタミンB6の消費を促進してしまいます(皮膚には使われる分が不足します)。


 7 顔に触れるような服装・髪型

頬やあごに髪や服があたると、刺激でニキビを悪化させます。毛先が顔にあたったり、タートルネックの服が首すじにあたったりする刺激でニキビができやすくなります。

頬づえをつくのもよくありません。寝るときに、布団をかぶって寝るのも肌に刺激を与えます。

 8 日焼け

○日焼けをすると、防御しようと肌表面の角質が厚くなり毛穴をふさぐために、コメドの数が増えて、ニキビを悪化させます。

○紫外線によってダメージを受けた角質細胞がひからびて、肌のバリア機能が低下します。

○紫外線でメラニンが増えやすくなり、ニキビ(にきび)跡がより濃いシミになりやすくなります。

○紫外線の影響によって、炎症を起こし始めた毛包に発生した活性酸素が増え、毛包が内側から傷めつけられます。炎症がひどくなると毛包の壁が破れ、皮脂が真皮に漏れ出して、ニキビがさらに広がっていきます。

 9 遺伝


ニキビには遺伝も関係があるようです。肌質は親からの遺伝が多いです。実際私の母親は30歳になるまでニキビに悩まされつづけ、ずっと薬を飲んでいたと言っていました。

 10 内臓が弱っている

ストレスや過労で内臓が弱っていも、ニキビが出来やすくなります。ストレスで胃腸の働きがにぶったり、加工食品ばかり食べていると、腸内細菌が減ります。

また、胃腸が弱ると、ビタミンが吸収されにくくなり、口の周りにニキビができやすいと言われます。肝臓では毒素の分解がうまくいかず、ほほにニキビができるようです。

卵巣の病気が原因でニキビができる場合もあるので、注意が必要です。


 11 活性酸素


皮脂線にいるアクネ菌は、ポリフィリンという物質を毛穴から排出しています。このポリフィリンという物質が大量の活性酸素を発生させています。

活性酸素が増えると周辺の健康な細胞まで刺激して炎症を起こし、新たなニキビの原因となります。

菌が作る「活性酸素」から肌を守る為には、抗酸化物質が必要です。ところが、抗酸化酵素をつくる能力は年齢とともに低下します。



2009/12/30