ニキビとホルモンについて。 「アグリコン型」のイソフラボンについて

ニキビと昼寝

 ニキビについて

基礎知識

ニキビの原因・予防法

背中ニキビの原因・予防法

ニキビと化粧

皮膚科の治療について


 ●ニキビと脳内疲労の関係

肌トラブルには、ストレスや脳内疲労が大きく影響しています。脳内疲労を解消するには、脳に休息を与える必要があります。


 ●昼寝の効用

昼間、脳内疲労を解消するには短時間の仮眠をとりましょう。
昼寝をすることでビタミンB1などの脳に必要な栄養素が肝臓から動員されて、脳に補充されるためです。
優位になっていた交感神経を、睡眠をとることで副交感神経に切り替えることができます。
脳が深い眠りに入ってしまわないように、短時間で目覚めるように気をつける必要があります。



 ●昼寝についての研究報告

最近、昼寝の効用について研究が行われている。昼寝を行うことにより、事故の予防・仕事の効率アップ・自己評価のアップなどが期待されるため、職場・学校などで昼寝が最近、奨励されるようになった。また、昼寝により、脳が活発になるため、独創的なアイデアが浮かびやすい環境になるという。

(昼寝におけるその他の研究報告)

  • 30分以下の昼寝を習慣的にとる人は、それ以外の人に比べてアルツハイマー病にかかる危険性が0.3倍になるという報告がある。(国立精神センター)
  • 昼寝後と前では最大血圧で平均8.6mmHg、最小血圧で平均15.6mmHgも血圧が降下したという報告もあり、生活習慣病予防も期待される。(広島大学)

(昼寝の方法)

  • 目安としては午後1〜3時ごろが良いとされる。(遅くとると、夜、眠れなくなることがあるため)
  • 15〜30分程度が良いとされる。1時間とると、逆に疲労になることがある。(ノンレム・レム睡眠の周期が90分〜120分であるため)

(参照:ウィキペディア)






大人にきび(アダルトニキビ)克服道〜HOME






2009/12/30