ニキビ肌のための化粧法について。

ニキビ肌のための化粧法

 ニキビについて

基礎知識

ニキビの原因・予防法

背中ニキビの原因・予防法

ニキビと化粧

皮膚科の治療について


化粧は毛穴をふさぎ皮脂がたまりやすくなりニキビを悪化させます。      
ニキビのためには、化粧はできるだけさけましょう。どうしても化粧しなければならない場合は、休日や帰宅後は化粧を落とし、ノーメークで過ごしましょう。

ただし、洗顔後の水分補給はきちんと行う必要があります。洗顔すると、角質の中の水分やうるおい成分も汚れと一緒に洗い流され、そのままにしておくと皮膚の抵抗力が落ちてニキビやカサつきの原因になります。

 
●基礎化粧品について
・化粧水はたっぷり使いましょう。皮膚がかさつきがちなときは、乳液も使用しましょう。

・クリームはとくに皮脂分泌の少ない人だけ、目の回りや口のまわりに使用するといいです。  

・化粧水→美容液→乳液→クリームの順に使用するのがおすすめです。乳液の前に美容液をつけたほうが、肌への浸透力が高まります。

・ニキビ用の薬や軟膏は、化粧水・乳液のあとにつけましょう。きちんと保湿をすることで、次につける薬の吸収率が高まります。

・化粧品は開封後はできるだけ早く使い切るようにしましょう。


●ファンデーションについて

・ファンデーションは基本的に避けましょう。つけるときは化粧くずれしにくいタイプのファンデーションは避け、薄く塗りましょう。さっぱりタイプのパウダーが向いています。ダブルファンデーション(リキッド + パウダー)は、禁物です。

・油性のファンデーションは毛穴をふさいで、ニキビをでやすくし、化粧を落とす時こすることになり、ニキビの表面がただれやすくなります。

・スポンジは汚れやすいので、時々洗うようにしましょう。汚れたスポンジを使っていると、雑菌が繁殖して肌に悪影響を与えます。
●ポイントメークにする

・できるだけ、目や口だけのポイントメークを心がけましょう。目や口のまわりはニキビができにくいですし、きちんとすることで、ニキビから視線をそらすこともできます。   

・Tゾーン・Uゾーンの化粧はできるだけ避けましょう。








2009/12/30