ニキビ肌のための正しい洗顔法のポイント

ニキビ肌のための洗顔法

 ニキビについて

基礎知識

ニキビの原因・予防法

背中ニキビの原因・予防法

ニキビと化粧

皮膚科の治療について

洗顔で皮脂や汚れを洗い流し、ニキビの予防に努めましょう!
洗いすぎもよくないですし、間違った洗顔法をすると逆にニキビを増やしてしまいます。 正しい洗顔をするようにしましょう。ここでは、いくつかのポイントをあげています。

 ●ぬるま湯を使う

ぬるま湯を使うことで、毛穴が開き、皮脂がでやすくなります。
私は以前冬でも水が良いと聞いた気がして水で洗っていましたが、ぬるま湯で洗ったほうが調子が良いです! 洗顔後の化粧水などの浸透もよくなるそうです。

 ●ヘアバンドなどで髪が落ちてこないようにする

髪の生え際や額などがきちんと洗えるように、髪をとめましょう。 生え際は流し残しやすいので、気をつけてくださいね。
泡が残るとニキビにつながります。

 ●洗顔料はよく泡立てる



洗顔料を顔に直接のせて、ゴシゴシ洗うなんてしてませんよね?
私はいつも手のひらで念入りに泡立てます。
泡立てネットなどを使用するのもいいですよ。

 ●顔全体を濡らしてから洗う

洗顔料を泡立てても、乾燥した肌にのせると刺激が強すぎるようです。
まず顔をぬらしてから、泡立てた洗顔料で洗いましょう。

 ●泡でつつみこむように洗う

ゴシゴシこすると肌を傷つけます。 泡でつつみこむように洗うだけで十分汚れや皮脂は落ちますよ。

 ●きれいな水でよく洗い流す

洗面器にためた水で洗い流すなどはやめましょう。 きれいな水で丁寧に洗い流しましょう。 十分と思っても、そこからさらに何度か洗い流すほうが良いです。

 ●基本的に朝と夜の2回

洗いすぎもよくありません。 必要以上にうるおいが奪われ、肌にダメージを与えます。
10代の頃など、かなり皮脂分泌が過剰なときは、昼食後などにもう一度洗うようにしましょう。

 ● 清潔なタオルで、優しく顔を拭く

タオルって意外に雑菌が繁殖しやすいのです。
せっかく丁寧に洗顔しても汚れたタオルで拭いては、意味がありません。 清潔なタオルを使用し、顔にそっとおしあてるように水分をふき取りましょう。

 ●化粧をしている場合はダブル洗顔

ファンデーションや口紅を塗っている場合は、まずクレンジング剤でメイクを落としましょう。
クレンジング剤は低刺激で、ふき取りタイプではなく洗い流すタイプのものを使用します。




2009/12/30